草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ箸
マイ箸運動というのが20世紀末に広がった。飲食店の割り箸を使わずに、持参した箸を使おうというものである。「割り箸を使用することにより森林が破壊される」という根拠から生じている。
しかし、他の多くの問題と同じように、状況によって結論は変わる。

  • 中国産の割箸の場合、皆伐なので、森林破壊につながる
  • 日本産の場合、端材利用なので、森林破壊にはつながらない
  • インドネシア産の場合、現地に割箸工場を作れば、より収入が増えるので、無駄な森林破壊を防げる

ペットボトル
ペットボトルのリサイクルはかえってコストがかかる。輸送に伴う二酸化炭素の排出という問題もある。ペットボトルを分別回収しても他の可燃物と一緒に焼却している自治体もある。
草加市では、古紙を分別回収しており、水分を含む生ゴミ等により、焼却炉の温度が下がってしまう。低温での燃焼はダイオキシンが発生するので、重油を加えている。この重油を減らす為に熱量の高いペットボトルを他の可燃物と一緒に焼却している。さらに、発生した熱で小規模発電をしている。

  • 焼却炉が高熱に耐えない場合は、リサイクルした方が良い
  • 焼却炉が高熱に耐える場合は、リサイクル・焼却どちらでも良い。
  • 焼却炉が高熱に耐え、焼却の熱で発電している場合は、焼却した方が良い(サーマルリサイクル、熱エネルギーとして回収)

結論
正しい情報がなければ、正しい議論はできない。正しい情報は、なかなか見つからない。
草加市長・共産党が推進する小中学校へのエアコン設置は正しいか。エアコンのリース代金が年間1億円かかるという情報がなければ、判断できない。草加市長、市会議員は市民への情報提供を怠っている。反乱しちゃうよ。

スポンサーサイト
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

草加市の市職員の給与に80億円が使われています。草加市職員の平均賃金は660万円になります。草加市長の給与は千六百万円です。退職金は1期4年で2千万円です。

木下博信草加市長時代に作られた草加市公式HP「草加市職員の給与等を公表します」は、平成22年の市職員の給与について職務別にまとめたものです。これを見ると、草加市職員には年収1千万以上の方が3人いる事が分かります。ここまで詳細に公表した例は、日本全国でも珍しく、多くの市は平均収入だけ公表します。

草加市市職員の地域手当と草加市長
地域手当とは、地域における物価等を考慮して支給される手当です。家賃などは居住地によって異なりますが、居住地に関係なく一律に地域手当が支給されます。これでは、裏給与と言われても弁解できません。草加市の場合(給料+扶養手当)に以下の%をかけた額になります。
allowance_2014080715395577c.gif
今井草加市長の時代に増加し、木下草加市長の時に、減少しました。一時は地域手当で市職員の収入が10%アップになっていたんですね。田中和明草加市長になってからは、6%のままです。
草加市長の収入と市職員の平均賃金

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

草加市では全国に先がけ、木下博信草加市長のもと事業仕分けが2008年に行われた。構想日本が協力した。
国の事業仕分けは2009年11月に実施された。蓮舫議員の「2位じゃダメなんでしょうか?」
草加市事業仕分けの結果、不要とされた事業

  1. 障害者福祉団体補助事業

  2. 草加市社会福祉事業団

  3. 観光協会補助金

  4. 市内共通商品券事業

  5. うるおい工房支援事業

  6. 金婚式開催費用助成金

  7. 高年者日常生活用具給付

  8. 認知症高齢者支援家族介護慰労金

  9. ねたきり老人手当

  10. 保存樹木等緑化事業

  11. 美しいまちなみづくり助成金

  12. 奥日光自然の家管理運営事業

  13. 黒羽ふれあい事業

  14. 綾瀬川再生21事業 補助金

  15. ISO環境マネジメントシステム定期審査委託

  16. 交通災害共済加入助成事業

草加市長の事業仕分け

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

草加市の生産性(人口1人当たりの行政コストと人口千人当たりの職員数から評価)が木下博信市長時代に全国で一位となりました。(平成18年) 全国自治体での草加市のランキング草加市の公式HP
社会経済生産性本部の自治体財政事情総覧で、草加市は、288市区のうち26位(1位は愛知県刈谷市)、生産性部門では全国一位となり、一番効率的に行政運営を行っているとの評価を得ました。
実質公債費比率は4年間で13.6%から11.2%と改善するなど木下市長としての行政手腕が数字面でもしっかりと表れています。

草加市からの構造改革特区提案数も、市町村では日本でいちばんです。木下草加市長の実績

青年市長会を通して、木下博信は全国と繋がっています。草加市での木下博信の改革が日本全国に広がっていくと確信しています。

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

  • 草加市立病院の常勤勤務医師数を増員。産科医、小児科医も増員し、休診していた産婦人科も小児科とあわせ、365日診療可能とした。
  • 職員給与制度を見直し、役職手当の改定、職員定数の削減(328人減)により、年間約14億円の人件費を削減。(生産性全国1位の単年度評価)
  • 待機児童問題の解決を図るため、草加市が管理する既存保育施設の建て替えや民間認可保育園の誘致を積極的に行い、受入可能な園児数を増加させた。
  • 草加市役所の総合窓口サービスにおいて、水曜日午後9時まで、日曜日の午前中も利用可能にした。
  • 防犯活動の支援としてパトロールステーションの設置、夜間・日曜窓口の開設、フロアマネージャーによる市役所案内業務の拡大

(2010年草加市長選挙確認団体《誇れる草加をつくる会■草加市長選挙用法定ビラ1号》より引用、抜粋)

木下草加市長の実績

この記事の一部をウィキペディア「木下博信」に転載しました。

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

草加市の待機児童が増加しています。埼玉県全体では減少しているにも関わらず、待機児童が増加した市町村のいちばんは草加市です。平成25年4月の保育所の待機児童数について埼玉県ホームページ

  1. 草加市   76人(+56人)
  2. 川越市   112人(+18人)
  3. 戸田市   34人(+15人)
  4. ふじみ野市 14人(+14人)
  5. 狭山市   19人( +9人)

保育園を増やし隊@草加という団体が、草加市長に要望書を提出しました。それ自体は結構な事ですが、行政を動かすのは投票行為です。
政府も少子化対策などと言ってますが、他の政策により力を入れているように思えます。政府にも自治体にも過度な期待を持たずに、市民が立ち上がらなくては解決しないのではないかと思います。他の問題も含めて、市民の力を結集する時代が来たと思います。

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。