草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の自然観の長期推移

図録▽日本人の自然観の長期推移
このグラフが意味する事は?福島原発とは関係なく、日本人は「自然を征服しよう」などとは、考えていない。
「自然を征服しよう」という、近代の欧米の考え方は正しいのか。

自然観・社会観の国際比較
自然は共存すべきと考えている日本人の割合は96%で、世界でいちばん。アメリカは84.2%。

詳しくは草加市議会 脱原発を示唆日本人の自然観

スポンサーサイト
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

草加市議会の年齢構成

草加市議会選挙(2010年)での当選議員の現在(2014年)の年齢を調べてみました。意外な事に50才未満が8人、50歳以上が22人でした。60代以上が、過半数に近い14人というのは、どうなんでしょう。(私は60歳ですが)
毎回、草加市議会のトップ当選をされる方は70代なので、若ければいいという訳ではありません。しかし、議員は市民の代表ですから、世代構成・性別構成が有権者と被有権者で大きく異なるのは、いかがなものか。というより、
そういう声が市会議員から聞こえてこないのが問題です。市議会は縦社会・長老支配なので、若手議員が声を出せないと想像します。
いわゆる「若者」に政治参加だとかは求めません(彼らは現在、そこそこ幸せですから。ただし将来、困った状況になる世代ですけど)。

ちなみに草加市議会・草加市長選挙が行われる2014年10月26日では、田中和明現草加市長は60代、木下博信前草加市長は、かろうじて40代です。

田中草加市長の事前運動埼玉新聞
田中和明市長(65)=一期=が、七月に市内の町会長・自治会長宅約百十軒を訪問し、市長選で自身への推薦を求める「推薦証」などの文書を配布していたことが分かった。市選挙管理委員会は二十一日、公職選挙法が禁じる事前運動と誤解される恐れがあるとして、田中市長に回収を指導した。

この推薦証には、氏名を記入する欄があるので、公職選挙法の署名運動の禁止に当ります。「何人も、選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて選挙人に対し署名運動をすることができない。 」草加市選管は、「署名運動の禁止」に言及しませんでした。選管の職員は草加市役所の職員で、上司は田中草加市長です。

この記事のコメント:1

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

越谷市議会、集団的自衛権容認に反対する意見書可決
越谷市議会は集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を行わないことを国に求める意見書を6月定例会で賛成多数で可決した。公明党議員も賛成した。共産党も賛成。草加市長、草加市議会は賛成するだろうか。
《請願の要旨》
 5月15日安倍首相の私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」は、集団的自衛権の行使を憲法解釈を変更して容認するよう求める報告書を提出しました。これを受けて安倍首相は解釈変更に意欲的に取り組む姿勢を記者会見で明らかにしました。
 この問題は、立憲主義に反するとの批判が強く、国会での議論もされていません。又、集団的自衛権を認めようとする立場の人でも、解釈変更ではなく、憲法改正で行うべきだと主張しています。世論調査でも国民の多数が反対しています。
 そこで、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を行わないことを国に求める意見書の提出をしていただくことを求めます。
《請願の理由》
 集団的自衛権について、歴代政府は、「国際法上、当然に集団的自衛権を有しているが、これを行使して、わが国が直接攻撃されていないにもかかわらず他国に加えられた武力攻撃を実力で阻止することは、憲法第9条のもとで許容される実力の行使の範囲を超えるものであり、許されない」としてきました。そして、歴代の内閣法制局長官も国会で憲法や法律の政府統一見解について答弁してきたが、集団的自衛権については、「行使ができないのは憲法9条の制約である。わが国は自衛のための必要最小限度の武力行使しかできないのであり、集団的自衛権はその枠を超える」(1983年4月、角田内閣法制局長官)とし、憲法上許されないとしてきました。
 これまで政府は、憲法9条2項があるため、自衛隊を「軍隊ではない」「自衛のための必要最小限度の実力組織である」と説明し、「そういった自衛隊の存在理由から派生する当然の問題」(1990年10月、工藤内閣法制局長官)として、武力行使の目的をもった部隊の海外派遣、集団的自衛権の行使、武力行使を伴う国連軍への参加の3点について「許されない」という見解を示してきました。
 戦後日本の根幹をなしてきた平和主義を、一内閣の憲法解釈の変更により覆すことは立憲主義に反するものです。幅広く、深い国民的議論による国民の意志を反映することなしに集団的自衛権行使を認めることは許されません。
 海外での戦争に参加することにつながる集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を行わないよう国に求めます。

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

草加市議会議員選挙の投票日は2014年10月26日です。

草加市議会選挙(2010年)の投票率は42%でした。草加市の有権者数19万人の1%1900の得票で当選できます。草加小と高砂小の児童数合計と同じぐらいです。町会の行事や学校の運動会で顔を売れば、当選できそうだという構造になっています。その結果、市議会議員は特定の地域・団体の利益の代弁者になりがちで、選挙に行かない半数を越える人々の意見が市政に反映されにくくなっています。
地方議会の議員の質がとても低い事例が報道されています。市民が議会のチェックをしなければ、この状態が続いてしまいます。

白紙投票でも選挙に行けば、状況が変わります。投票に行かないという事は、当選した人に白紙委任状を渡す事になります。
選挙に行かない人の半分が白紙投票をすれば・・・

  • 投票に値する政治家がいないという主張ができる。政治家は緊張するであろう。
  • 特定の地域・団体以外に、声を聴くべき人々がいるという認識を政治家が持つようになる。
  • 白紙投票をした人の支持を得ようと新人候補が出てくる。政治家たちに競争が生まれる。

草加市議会選挙 白紙投票でも選挙に行こう

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

前草加市長木下さん、久喜市 市議会議員の鈴木さん、川越市 市議会議員の明ヶ戸さんをゲストに、みんなで政治を変えて行こうというテーマで座談会。

  • 市議会の視察場所の選び方

「北海道に行くか、九州・沖縄に行くかで選ぶ。視察が必要な施設を第一に考えるのではない。」
「鹿児島の視察を午前中に行い、午後は観光。夕方、飛行機で戻る。」

  • 市議会の会派の議決拘束

「共産党・公明党の場合は、党の公認で立候補して、会派もその党でできているから、議決拘束があってもいい。」
「無所属で立候補した議員が集まって会派を作った場合、その会派での多数意見で議決拘束される場合が多い。しかし有権者は会派で議員を選んでいないから、有権者の事を考えると、議決拘束に従うのは苦しい事がある。」
「党のアジェンダと地方議員の政策は合わない。」



この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

草加市議会の利権優先社会(livedoor Blog)には、草加市議会議員についての利権疑惑が書かれています。
あくまで疑惑です。真偽のほどは、ご自分で調べてください。以下、一部を転載します。

民主党市会議員
御自分の御子息の関連している会社に工事の発注を要求。
自民系市議会議員
調整区域内の御自分の会社の所有地を宅地とするように要求。
自民系市会議員
談合により指名停止中の業者の指名停止期間短縮を要求。
公明党市会議員
御自分の関連業者を市の登録業者にするよう要求。

利権の構造の裏面は犠牲の構造です。ゼロサム社会では、誰かが得をすれば、誰かが損をする事になります。
利子率が低迷している現状では、パイの拡大は望めません。モノも金も有限だという事が明らかになっています。

グランドゴルフ場を作る事も、小中学校へのエアコン設置も、それ自体は良い事かもしれません。しかし、それが保育所の新設を不可能にしたのかもしれません。

市議会や市長に税金の使い方を全部まかせるのではなく、市民が直接、税金の使い方に関与できる制度が近い将来成立するでしょう。不完全ながらも、ふるさと納税にはそのような制度が組み込まれています。

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

田中草加市長は共産党と共にエアコン設置を推進しました。クリーンなはずの共産党がブラック田中市長を積極的に応援しています。

田中草加市長の事前運動埼玉新聞
田中和明市長(65)=一期=が、七月に市内の町会長・自治会長宅約百十軒を訪問し、市長選で自身への推薦を求める「推薦証」などの文書を配布していたことが分かった。市選挙管理委員会は二十一日、公職選挙法が禁じる事前運動と誤解される恐れがあるとして、田中市長に回収を指導した。

中野修(草加市会議員)を育てる友の会のパンフレットに田中草加市長が推薦文を書いています。その事は、政治結社の自由だから、OKです。

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

  1. 野田総理大臣が解散をすると発言、平成24年11月14日
  2. 国会議員の歳費を20%削減する法律が衆議院で可決された、11月15日
  3. 衆議院議員の定数削減の為の公職選挙法の改正が衆議院で可決された、11月15日。草加市議会議員の定数削減は?
  4. 国会議員の歳費を20%削減する法律が参議院で可決された、11月16日
  5. 衆議院議員の定数削減の為の公職選挙法の改正は参議院で審議されなかった、11月16日
  6. 衆議院本会議にて解散が行われた、11月16日午後

国会議員の歳費の臨時特例に関する法律

第一条 この法律は、我が国の厳しい財政状況及び東日本大震災に対処する必要性に鑑み、平成26年4月30日までの間(「特例期間」)においては、議員の受ける歳費については、歳費月額に百分の十二・八八を乗じて得た額に相当する額を減ずる。附則1 この法律は、平成二十四年五月一日から施行する。

国会議員の歳費を20%削減する法律

国会議員の歳費及び期末手当の臨時特例に関する法律の一部を次のように改正する。
附則2 国会議員の歳費及び期末手当の臨時特例に関する法律の一部を改正する法律(平成二十四年法律第九三号)の施行の日から国会議員の定数削減による歳出の削減の状況等を勘案し別に法律で定める日までの間における第二条の規定の適用については、同条第一項中「百分の十二・八八」とあるのは「百分の二十」とする。

(平成二四年一一月二六日法律第九三号)附則
特例期間の経過後における議員の受ける歳費については、特例期間が経過するまでの間に、国会議員の定数削減による歳出の削減の状況等を勘案して検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。

党首討論平成24年11月14日

第181回国会 国家基本政策委員会合同審査会
内閣総理大臣(野田佳彦君)
どうしても定数削減で賛同していただけない、あってはならないことだと思いますが、そういうことがあった場合に、最悪のケースですよ、ここで国民の皆さんの前に約束をしてほしいんです。定数削減は来年の通常国会で必ずやり遂げる。それまでの間は議員歳費を削減する。
この御決断をいただくならば、私は今週末の十六日に解散をしてもいいと思っております。ぜひ国民の前に約束してください。
安倍晋三君
私たちは、まずは〇増五減、これは当然やるべきだと思いますよ。そして、来年の通常国会において、私たちは既に、私たちの選挙公約において、定数の削減と選挙制度の改正を行っていく、こう約束をしています。今この場で、そのことをしっかりとやっていく、約束しますよ。
内閣総理大臣(野田佳彦君)
最悪の場合でも、必ず次の国会で定数削減をする。それは〇増五減のレベルじゃありませんよ。五減じゃありません。お互いに数十単位と言ってきているわけですから、そこで成案を得るということを必ずやる、うそはつかない、ともに責任を持つ。そして、それまでの間は、例えば議員歳費の二割削減等々、国民の皆様の前に身を切る覚悟をちゃんと示しながら御負担をお願いする、制度ができるまでそれを担保する、そこをぜひお約束してほしいと申し上げているんです。
安倍晋三君
今、総理、十六日に選挙をする、それは約束ですね。約束ですね。よろしいんですね。よろしいんですね。

内閣総理大臣(野田佳彦君)
私どもが提案をしている内容は、〇増五減は、これは私どもも受けとめております。賛成をしています。その上で、比例の削減部分については一部連用制を取り入れたという形、御指摘のとおりであって、傾聴に値するというところまで来ているわけでございますので、最後の御判断、御決断を引き続き私はお願いしたいと思います。これはしっかりと協議をして、十六日までに決断ができるように、ぜひ再考していただきたいと思います。
その上で、どうしても合意ができなかったときにも定数削減は必ずやらなければいけないんです、道筋をつけなければいけない。それは、先ほどの安倍総裁にもお願いをしましたけれども、ぜひ、山口代表、これは定数削減に前向きでいらっしゃると受けとめます。だとすると、かつて山口代表は議員歳費の二割削減も主張されたことがあったと思います。削減できるまではせめてそういう身を切る努力をお互いにするということを、代表、お約束いただけませんでしょうか。
山口那津男君
私は、みずから、議員の歳費の恒久的な削減ということも検討すべしと提案をしてまいりました。おお、いいでしょう、これは大いに進めて議論をやろうじゃありませんか。そして、定数削減、これも選挙制度の内容とともに議論を進めようじゃありませんか。
そして、もっと重要なことは、この定数削減を通じて歳出の削減を図っていくこと、あるいは議員の歳費の削減を図っていくこと、また、大きく歳出の削減を求めていくこと、こういう努力も重要でしょう。
M君の国会議員の歳費を20%削減

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

  • ネット選挙でできる事

    ネットのウェブサイト(ホームページ・ブログ・SNSなど)を使用した選挙運動を行うことができます。

  • ネット選挙の費用

    ブログの開設、3万円。(市議会議員が自分でやれば、無料)
    SEO対策、別途お見積り。業者によりますが、年間、100万円という場合もあります。
    ネット選挙(議員用)ホームページ制作この業者がいいかどうかは、自己責任です。

  • ネット選挙の注意点

    メールでの選挙運動は禁止されています。
    選挙運動は、公示・告示日から投票日の前日までしか行うことができません。
    草加市議会議員選挙の告示日は2014年10月19日、投票日は2014年10月26日です。
    【選挙運動とは】
    ・ 判例・実例によれば、選挙運動とは、「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として、投票を得又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利な行為」とされています。

  • 市議会議員のネット活動
    ネット活動をしていれば優秀な議員とは言えませんが、ネット活動もしていない議員は能力がない可能性が高いかもしれません。
    優秀な議員が見つけられない場合は、市議会選挙で白紙投票をすべきです。
    草加市議会選挙 白紙投票でも選挙に行こう
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

日本でいちばん、人口当たりの議員定数が少ない市は八王子市で(政令指定都市は除く)、人口1万人当たりの議員定数は0.72人です。八王子市を抜くには、草加市議会議員の定数を17人にする必要があります。
さいたま市を除いて草加市は少ない方から5番目です。いちばんの川口市を抜くには、草加市議会議員の定数を19人にする必要があります。

草加市議会の定数
草加市議会の定数を20人に削減する請願書が「草加経営者の会」から提出されました。2010年8月30日。
定数削減を進めようとした木下草加市長に対し、市議会が不信任を可決し、定数削減は葬られました。9月2日。
草加市議会議員の定数は30人から28人に削減されましたが、他の市と比較してみました。

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

世界には、利権構造が沢山あり、それが戦争の原因になったりもする。日本から利権構造を排除し、世界に向けて利権構造の排除を訴える。それは、世界平和にもつながる。

草加市議会の利権構造に関するブログより。草加市議会の利権に書かれている事。

  • 草加市ドンキホーテの建設予定地付近を地盤としている草加市議会の議員(佐藤建設工業)が細川律夫厚生労働大臣に150万円の企業献金。
  • 草加市議会の議員の御子息の関連している会社に工事の発注を要求。
  • 調整区域内の草加市議会の議員の会社の所有地を宅地とするように要求。
  • 談合により指名停止中の業者の指名停止期間短縮を草加市議会の議員が要求。
  • 草加市議会の議員の関連業者を市の登録業者にするよう要求。

上記の利権構造が真実かどうか、確かめる事は出来ないが、猪瀬都知事の疑惑から推測すると、あり得ない事ではない様な気がする。

  1. 草加市から利権構造を排除する。
  2. 日本から利権構造を排除する。
  3. 世界に向けて、利権構造の排除を訴える。
  4. 世界の国々には利権構造が沢山あり、戦争の原因になっている。
  5. 日本発の「利権構造の排除の訴え」は世界平和につながる。

A dream you dream alone is only a dream.
A dream you dream together is reality.
by Yoko Ono

新井貞夫 草加市議会議員(民主党
宇佐美うさみ正隆 草加市議会議員(公明党
浅井昌志 草加市議会議員

この記事のコメント:2

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


  1. 国家の集団的自衛権
  2. 集団的自衛権は、国連憲章の第51条において認められている。
    ただし、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、という制限がある。
    国際の平和の為に、戦争に加わるという矛盾を内包している面もある。

  3. 個人の自衛権と集団的自衛権

    • 個別的自衛権
    • X強盗犯は拳銃を持って逃走。追跡するA巡査部長に向けて、X強盗犯は拳銃を構える。A巡査部長は自衛権に基き発砲する。自らの命がかかっているから、仕方がない。

    • 集団的自衛権
    • A巡査部長の近くにいたJ巡査が、X強盗犯に向けて発砲するのが集団的自衛権にあたる。これはA巡査部長の命を助ける為であるから、正当化される。
      しかし、X強盗犯に対して致命傷を与える部位に対しての発砲は、どうだろう。A巡査部長の命を助ける為に、X強盗犯の命を奪うのであるが。
      一般的には、J巡査は威嚇発砲するか、X強盗犯の命を奪わない部位(手とか足)に向けての発砲なら許容範囲であろう。
      X強盗犯は難病の子供の治療代として強盗をしたのかもしれない。(正当な理由ではないが)
      この緊迫した場面では、それを確かめる時間はない。X強盗犯が射殺された場合、その子供はどうなるのか。
      結論としては、命を奪われる可能性がある者は、命を奪うという反撃が許されるであろうが、そうでない者は、いたずらに他人の命を奪ってはいけないという事だ。

越谷市議会は平成26年6月定例会で、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を行わないことを国に求める意見書を可決した。

草加市議会は集団的自衛権に反対する意見書を提出し、可決できるか?

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

草加市議会の定数削減に向けての2010年の流れ。

  1. 草加市政を見守る会(佐々木勲会長)が、草加市連合町会、商工会議所、連合婦人会等の市民団体の要望として、草加市議会の定数を10議席減らし20議席にする要望書を提出しました。3月16日
  2. 草加経営者の会が、草加市は近隣の市町村と比べて、人口当たりの議員数が多いとして、要望を出しましたが無視されました。6月
  3. 同会が、市議会の定数を30人から20人に削減することを求める請願書を議会事務局に提出しました。8月30日
  4. 市議会が草加市長不信任を可決し、市議会は解散しました。9月2日
  5. 議員の定数削減が行われないまま、市議会選挙が行われました。反市長派、定数削減反対の議員が多数当選しました。10月10日
  6. 草加市長選挙が行われ、定数削減に積極的な木下市長は落選しました。12月12日
  7. 10人の削減で、1億円の歳出をカットし、福祉の財源に当てる事ができなくなりました。

草加市議会議員選挙より引用。

議員一人当たりの人口は、足立区が一万三千人にひとりとか、川口市が一万二千人にひとりというのと比べると、草加市は八千人にひとりと断然多いのです。足立区は、さらに次回選挙より区議会議員を5名削減する方向であり、草加市議会議員の定数が相対的にみていかに多いかがわかります。

瀬戸市議会議員は賛成 草加市議会議員の定数削減について
議員数は住民1万人に1人程度に削減してもいいと感じてきました。つまり現在、議員1人当りの住民人口は約8千人ですから、単純に定員を6名削減してもいいのではないかと感じています。私は議員定数削減に賛成です。
草加市議会の定数削減

この記事のコメント:1

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。