草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草加市の選挙は2014年10月26日です。まともな候補者が思い浮かばない方は、白紙投票でも選挙に行ってください。
前回の草加市議会選挙(2010年)では、11万人の方が棄権しました。半分の5万人ぐらいの方が棄権でなく、白紙投票をしたら、どうなるでしょう。
選挙結果は変わりませんが、その後の4年間の市会議員の心の状態は変わると思います。当選した人はビビると思いますよ。当選ラインは2千票ぐらいですから、5万の白票は25人を当選させる力を暗示します。次の選挙はウカウカできないですよね。
大阪市長選挙では、白票が2位の藤島利久氏より多い4万5千票で、マスコミにも取り上げられました。

投票に行かないという事は、当選した人に白紙委任状を渡す事になります。なんのプレッシャーも生じません。それで、兵庫や東京都等の議員があんのんとしてしまうのです。

白紙投票の効用

  • 投票に値する政治家がいないという主張ができます。
  • 特定の地域・団体以外に、声を聴くべき人々がいるという認識を政治家が持つようになるかも。
  • 白紙投票をした人の支持を得ようと新人候補が沢山出てくれば、政治家たちに競争が生まれるでしょう。

草加市議会選挙 立候補者 津田洋一(新人)のHPより。
津田洋一さんのプロジェクト(何を考える):いつでもどこでもだれとでもつながる街(情報サービス)
スマートフォンが普及し情報収集、連絡は場所を選びません。しかし街が主体性を持って地域の商業、サービスの発展、地元住民の生活の利便性などに寄与できる情報発信ができているとは言い難い。よってまず街の通信インフラをWiFiで整えます。その通信は住民には当然無料で開放します。さらに街の独自アプリを作成し小分けにした地域単位(たとえば商店街ごと、文化会館、図書館・・・)での個別情報も即とれるようにします。そのアプリを持った地域の住民は特別クーポンを受け取り店舗などに足を運ぶ・・、地域の活性化の促進になる、と希望は大きく膨らみます。

スポンサーサイト
この記事のコメント:2

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

田中和明草加市長は事前運動で、選管からイエローカードをもらいました。もう一度もらうと退場です。

共産党も草加市長と同様に、事前運動で、選管からイエローカードをもらうかもしれません。共産党が、ブラックなチラシを全戸配布したり、不特定多数の草加市民に電話をかけ【市議選は共産党へ。草加市長は田中さんへ】と訴えているからです。
共産党以外にも田中草加市長を支持する草加市会議員は、沢山います。各議員は、とばっちりを受けないよう、選挙活動に繊細な注意が必要でしょう。
浅井昌志草加市会議員の利権に近づかないでください。
草加市議会の利権構造に関するブログより

  • 浅井昌志:ドンキホーテ草加に関する疑惑があるらしい草加市会議員です。
  • 宇佐美正隆(公明党市会議員):関連業者を市の登録業者にするよう要求したらしい。
  • 平野あつ子(共産党)
  • 斉藤ゆうじ(共産党)
  • 佐藤のりかず(共産党)
  • 後藤かえ(共産党)
  • 藤家あきら(共産党)

草加市の公式HPによると、お金持ちの田中和明市長はゴルフ会員権を2つ持っています。庶民の味方の共産党が草加市長を推薦するのは、ちょっと違和感があります。

田中和明草加市長の事前運動埼玉新聞
田中和明市長(65)=一期=が、七月に市内の町会長・自治会長宅約百十軒を訪問し、市長選で自身への推薦を求める「推薦証」などの文書を配布していたことが分かった。市選挙管理委員会は二十一日、公職選挙法が禁じる事前運動と誤解される恐れがあるとして、田中市長に回収を指導した。

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

田中和明草加市長は事前運動で選管から注意されましたが、クリーンなはずの共産党がブラック田中市長を積極的に応援しています。『エアコン設置は草加市議会の共産党と田中草加市長の協力によるものだ』と、宣伝しています。
草加市議会 安倍亡国あるいは草加市長 安倍亡国を検索するとHITするサイトに、「(共産党)5人当選で、安倍政権に草加からレッドカード」の横断幕が写っています。

浅井昌志草加市会議員の利権に近づかないでください。

  1. 草加市議会選挙(2010年10月10日)で、共産党はエアコン設置を公約とする。この時点で市長選挙が行われる事は決まっていない。∴田中さんは市長選挙に立候補していない。
  2. 草加市長選挙(12月12日)で、田中和明草加市長候補は共産党と同じ、エアコン設置を公約とする。

共産党のエアコン設置という公約を実現する為には、草加市長の協力が欠かせない。そこで、草加市長選挙にあたって、「エアコン設置」を田中候補の公約とするかわりに、共産党が田中草加市長を支援するという密約が成立したと考えるのが、普通の見方だ。

田中草加市長・共産党が推進したエアコン設置は誰の為か。教員の為である。私も教員だったから理解できる。職員室は冷房が効いているが、教室は暑い。
エアコンは共産党の指示母体である教職員組合の要望に応えたものなのだと考えるのが普通だ。この考え方は間違っていない。教員は高給取であるが、日本国民であり、日本国民の生活環境が向上するのは望ましい事だ。ただし、他の面も考えた方がいい。

エアコンによって、涼しくなる夏休み中に授業を行い学力アップという方法もある。(桶川市や東京都では行っている)
しかし、田中草加市長は授業時間の確保という考えはない。何故か?授業時間の増加は、教師の負担増につながる。田中市長の支持母体は共産党である。共産党の支持母体は教職員組合である。教職員組合全体としては、負担増に反対である。(教員の中には、土日出勤が恒常化している事は、元教員の私は知っているから、教員の負担増には反対である。)ここに、田中草加市長が共産党支配下にある弊害が生じている。(私は反共ではない。共産党の脱原発、TPP反対など、一致する考え方もある。ただし、田中草加市政に関しては、共産党の考え方は、断固反対である)

結論
教員の負担を減らし、なおかつ、児童・生徒の学力をアップする方法はいくらでもある。
その方法を考え、草加市政に提案する主体は、普通の市民である事が望ましい。教育委員会や市長・市議会議員に頼ってはダメだ。

私にも、あなたにも、何かできる事があるはず。間違ってもいい。何かにチャレンジして欲しい。チャレンジ精神こそが、子どもが育つ時の根本であり、教育の基本でもあるから。

この記事のコメント:6

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。