草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺島 義人(よしと)は1960年、生まれ。サン・マイクロシステムズとオラクル社などで人材育成とマーケティングに携わる。東日本大震災、市議会の傍聴で政治家達の当事者意識の欠如を目の当たりにしたことから「娘達がこれからも住み続ける越谷を少しでも良くしたい」と思い立候補を決意。
寺島よしとのマニフェスト -チャンスと安心のある街へ

  • 働く女性を全力で支援します
    子育て支援は市の未来に直結する問題であり、何より、女性が不当に重い育児負担を強いられているという男女の不平等をこれ以上放置してはなりません。
  • 全ての市民に教育の機会を
    己を知り社会に参加する術を学ぶ「教育」は行政が保障すべき最も基本的な権利です。しかし現状では、学校でのドロップアウトに教員が手を打てず、生涯学習の機会が整備されておらず、子供の貧困が放置されています。
  • 市民をつなぐ
    私達は行政から十分なサービスを受けているでしょうか?また、それはレストランで注文やクレームをした時と同じようだったでしょうか?私はIT技術を活用し、全ての人が情報から疎外されず、いつでも気軽に要望を出し、また、その回答を必ず受け取れる環境を整えます。
    • SNSの活用
    • スマートフォンを用いた市民参加型システムの導入
    • 市役所窓口のフリーダイヤル化
    • オープン化、電子化の推進
    • 市議会へのPC、スマホの持込を許可させます

越谷市会議員選挙候補者 寺島よしとマニフェスト

津田洋一プロジェクト02 いつでもどこでもだれとでもつながる街(情報サービス)
スマートフォンが普及し情報収集、連絡は場所を選びません。しかし街が主体性を持って地域の商業、サービスの発展、地元住民の生活の利便性などに寄与できる情報発信ができているとは言い難い。よってまず街の通信インフラをWiFiで整えます。その通信は住民には当然無料で開放します。さらに街の独自アプリを作成し小分けにした地域単位(たとえば商店街ごと、文化会館、図書館・・・)での個別情報も即とれるようにします。そのアプリを持った地域の住民は特別クーポンを受け取り店舗などに足を運ぶ・・、地域の活性化の促進になる、と希望は大きく膨らみます。
津田洋一 草加市会議員候補者

スポンサーサイト
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

草加市長、他の様々な経験を活かし、県議会から草加を全力支援していくために埼玉県議会議員選挙(2015年)に立候補いたしました。
木下博信のマニフェスト

  1. 政務活動費を完全透明化
    号泣会見以来、各地で問題が露見している政務活動費。完全に公開しないと、全ての議員が同様なことをしていると疑われ、政治不信が深まります。最初に、自分自身の政務活動費を領収書添付でネットで公開し、議会全体でネットで公開が標準になるように取り組みます。
    さらに、公開することで、その支出の適正さも含め、オープンに意見をいただき、より良い制度に改正しています。(13年前の市長就任後も、市長交際費を迅速にネット公開しました)
  2. 議会後に毎回議会報告を作成配布
    何をしているかわからない。ということも政治不信と低投票率の原因だと感じます。定例議会後に、毎回議会報告会を開催。そして報告書を作成、配布します。一部を手配りしながら、街中の率直な意見も聞かせていただきます。
  3. 月に一度、始発終電 駅端懇談駅を利用して通勤をされる皆様から、率直な意見を聞かせていただくため、月に1回、これまで同様の始発終電駅端懇談を行います。

木下博信 Official Web Site

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

埼玉県議会議員選挙に木下博信が立候補しました。木下博信は草加市長時代に様々な改革を行い、全国の自治体から注目を浴びました。「地方税の収納をコンビニで取扱い可能とする。」「全国一律の学校の天井高3m規制の撤廃。」などです。

天井高規制を撤廃
2005年まで、教室には天井高の下限の規制がありました。明治時代は石炭ストーブなどで暖房をしていて、高い天井で空気を回して一酸化炭素中毒を防ぐこと、1950年の建築基準法制定時は当時の過密な教室の空気をきれいに保つことが理由でした。
埼玉県草加市は、昭和30年代後半から40年代初頭の人口増加で急造した公立学校が、耐震性が足りないということで建て替えを迫られましたが、建て替えには莫大な費用がかかるためにコスト削減策として教室の天井高を3mから2.7mに下げる案を編み出しました。
そこで、同市は、2004年6月、天井高を下げる構造改革特区を国に申請しましたが、「子どもの心身に与える影響の調査結果が出ていない」と最初は却下されました。
検証を繰り返した末、2005年9月、同市の特区提案は認められ、同年11月には建築基準法施行令改正で天井高規制が廃止されました。

その結果、建て替え費用が数億円削減され、草加市だけでなく、全国の自治体の費用削減に貢献しました。

この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。