草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草加市の市職員の給与に80億円が使われています。草加市職員の平均賃金は660万円になります。草加市長の給与は千六百万円です。退職金は1期4年で2千万円です。

木下博信草加市長時代に作られた草加市公式HP「草加市職員の給与等を公表します」は、平成22年の市職員の給与について職務別にまとめたものです。これを見ると、草加市職員には年収1千万以上の方が3人いる事が分かります。ここまで詳細に公表した例は、日本全国でも珍しく、多くの市は平均収入だけ公表します。

草加市市職員の地域手当と草加市長
地域手当とは、地域における物価等を考慮して支給される手当です。家賃などは居住地によって異なりますが、居住地に関係なく一律に地域手当が支給されます。これでは、裏給与と言われても弁解できません。草加市の場合(給料+扶養手当)に以下の%をかけた額になります。
allowance_2014080715395577c.gif
今井草加市長の時代に増加し、木下草加市長の時に、減少しました。一時は地域手当で市職員の収入が10%アップになっていたんですね。田中和明草加市長になってからは、6%のままです。
草加市長の収入と市職員の平均賃金

関連記事
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。