草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
草加市議会の年齢構成

草加市議会選挙(2010年)での当選議員の現在(2014年)の年齢を調べてみました。意外な事に50才未満が8人、50歳以上が22人でした。60代以上が、過半数に近い14人というのは、どうなんでしょう。(私は60歳ですが)
毎回、草加市議会のトップ当選をされる方は70代なので、若ければいいという訳ではありません。しかし、議員は市民の代表ですから、世代構成・性別構成が有権者と被有権者で大きく異なるのは、いかがなものか。というより、
そういう声が市会議員から聞こえてこないのが問題です。市議会は縦社会・長老支配なので、若手議員が声を出せないと想像します。
いわゆる「若者」に政治参加だとかは求めません(彼らは現在、そこそこ幸せですから。ただし将来、困った状況になる世代ですけど)。

ちなみに草加市議会・草加市長選挙が行われる2014年10月26日では、田中和明現草加市長は60代、木下博信前草加市長は、かろうじて40代です。

田中草加市長の事前運動埼玉新聞
田中和明市長(65)=一期=が、七月に市内の町会長・自治会長宅約百十軒を訪問し、市長選で自身への推薦を求める「推薦証」などの文書を配布していたことが分かった。市選挙管理委員会は二十一日、公職選挙法が禁じる事前運動と誤解される恐れがあるとして、田中市長に回収を指導した。

この推薦証には、氏名を記入する欄があるので、公職選挙法の署名運動の禁止に当ります。「何人も、選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて選挙人に対し署名運動をすることができない。 」草加市選管は、「署名運動の禁止」に言及しませんでした。選管の職員は草加市役所の職員で、上司は田中草加市長です。

関連記事
この記事のコメント:1

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
草加の市議会議員は全国的に見ても若いほうだけどね。なにか問題でも?
2014/09/23(火) 20:05:10 | URL | 田中和明 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。