草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yoake.jpg

夕焼け
夕焼けって、赤だけではないんだね。地平線にふれるところは赤。そして、だいだい。虹のように黄色、みどり、青。最後は紺碧の宇宙色 。写真は夜叉神峠からの富士山。12月の夜明け前。


「虹は七色」とよく言いますが、全部言えますか。これを言えないようでは日本人とは言えません。(過激な表現ですみません)なぜかって、それは日本の文化に深く関わっているからです。「虹は七色」というのは人類普遍の考えではないのです。虹の色は連続的に変化するので、どこで区切るかは非常に主観的なものなのです。ヨーロッパでは、藍色を抜かして6色と思っている人が半数ぐらいいるそうです。一方、日本人は藍という色を見慣れているので、7色になります。
緑の山が青っぽく見えるような、湿潤な土地では、色だけでなく、景色の形もぼやけて見えます。そんな中で生活していると、物事を曖昧に処理する性格が形成されやすく、欧米から見ると、わけのわかんない国、日本となるのです。ですが、この曖昧さがこれからの世界には重要なのです。白黒を決着しようとすると、争いになる。・・・よって、虹の藍が日本文化と関係があるわけです。
日本では虹は平和の象徴のように考えられています。しかし英語では、rainbow=rain+bow弓で、武器を想像するのです。以上、色の英単語
から

関連記事
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。