草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草加市長、他の様々な経験を活かし、県議会から草加を全力支援していくために埼玉県議会議員選挙(2015年)に立候補いたしました。
木下博信のマニフェスト

  1. 政務活動費を完全透明化
    号泣会見以来、各地で問題が露見している政務活動費。完全に公開しないと、全ての議員が同様なことをしていると疑われ、政治不信が深まります。最初に、自分自身の政務活動費を領収書添付でネットで公開し、議会全体でネットで公開が標準になるように取り組みます。
    さらに、公開することで、その支出の適正さも含め、オープンに意見をいただき、より良い制度に改正しています。(13年前の市長就任後も、市長交際費を迅速にネット公開しました)
  2. 議会後に毎回議会報告を作成配布
    何をしているかわからない。ということも政治不信と低投票率の原因だと感じます。定例議会後に、毎回議会報告会を開催。そして報告書を作成、配布します。一部を手配りしながら、街中の率直な意見も聞かせていただきます。
  3. 月に一度、始発終電 駅端懇談駅を利用して通勤をされる皆様から、率直な意見を聞かせていただくため、月に1回、これまで同様の始発終電駅端懇談を行います。

木下博信 Official Web Site

関連記事
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。