草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木下博信は2001年8月から2010年10月まで、草加市長を務め、様々な改革を行った。その一つの例が、草加市から提案された特区構想である。その数は全国の市町村でもトップクラスだそうだ。
草加市が提案した特区には以下の様な例が。
地方税の収納をコンビニで取扱い可能とする。戸田市も同時期に提案。
少人数学級実現の為、市採用教員が担任を受け持つことを可能とする。
幼保一元化施設の整備のため、保育所の施設設置要件を緩和する。
警察が凶悪犯罪の捜査に専念できる環境をつくるため、違法駐車の取締権限を市町村へ移管する。
全国一律の学校の天井高3m規制。120年前から続く規制が草加市の特区提案により撤廃。学校建設の費用が安く抑えられました。
木下博信 前草加市長の改革

関連記事
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。