草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木下博信さんは2001年8月から2010年10月まで、草加市長を務めました。その木下博信さんのブログから、興味ある話題をお届けします。

  • 若者も選挙に行こう
  • 歴史の流れを変えるのは、若者たちだ

選挙に行かなきゃ
選挙に行かなきゃ、もっと悪い政治になります。2011-10-22。
現状の政治に否定的な支持政党無しの有権者(有権者の過半数!)が選挙に行かなくなれば、選挙に行くのは、国民全体ではなく自分たちの利益を代弁してくれる政治家や政党を支持する人達ばかりになってしまいます。当然当選するのは、その代弁者の人達。そして次も当選するために、視線はそこにしか行かない。そうすると普通の国民は、さらに政治不信になる。そして選挙に行かなくなる。

意思と行動で歴史の流れを
意思と行動で歴史の流れを取り戻そう! 2012-01-18。
世界の歴史は、「一部の人に集中していた富と権力が、革命・戦争・技術革新などにより一歩一歩より多くの人に共有されるように拡大して来た」歴史でもあります。 それが、ここ20年程の間に、明らかに富がより少ない人数に集中するようになっていること。これは大河のように流れる大きな歴史の方向に逆行するものです。そして、そのことが多くの問題を引き起こしています。その逆行が続くはずはありません。必ず正しい流れへと転換します。
木下博信さんのブログより

関連記事
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。