草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木下博信は2010年10月まで、草加市長を務め、改革に取り組みました。
青年市長会を通して、木下博信は全国と繋がっています。草加市での木下博信の改革が日本全国に広がっていくと確信しています。

木下博信草加市長が日本を変える
木下博信の草加市長時代、草加市から様々な特区構想が提案されました。その数は全国の市町村でもトップクラスだそうです。特区構想の提案がきっかけとなって、日本を変えた例もいくつかあります。

  • 地方税の収納をコンビニで取扱い可能とする。戸田市も同時期に提案。
  • 小中学校で市採用教員が担任を受け持つことを可能とし、少人数学級を実現する。
  • 幼保一元化施設の整備のため、保育所の施設設置要件を緩和する。
  • 警察が凶悪犯罪の捜査に専念できる環境をつくり、併せて、市民の日常生活や防災の観点から効果的な駐車違反取締りを実施するため、違法駐車の取締権限を市町村へ移管する。
  • 学校教室を石炭などで暖めていた明治時代に室内の空気環境対策として導入された全国一律の天井高3m規制。この120年前から続く規制が市の特区提案により撤廃。学校建設の費用が安く抑えられた。
関連記事
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。