草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 草加市立病院の常勤勤務医師数を増員。産科医、小児科医も増員し、休診していた産婦人科も小児科とあわせ、365日診療可能とした。
  • 職員給与制度を見直し、役職手当の改定、職員定数の削減(328人減)により、年間約14億円の人件費を削減。(生産性全国1位の単年度評価)
  • 待機児童問題の解決を図るため、草加市が管理する既存保育施設の建て替えや民間認可保育園の誘致を積極的に行い、受入可能な園児数を増加させた。
  • 草加市役所の総合窓口サービスにおいて、水曜日午後9時まで、日曜日の午前中も利用可能にした。
  • 防犯活動の支援としてパトロールステーションの設置、夜間・日曜窓口の開設、フロアマネージャーによる市役所案内業務の拡大

(2010年草加市長選挙確認団体《誇れる草加をつくる会■草加市長選挙用法定ビラ1号》より引用、抜粋)

木下草加市長の実績

この記事の一部をウィキペディア「木下博信」に転載しました。

関連記事
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。