草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草加市の待機児童が増加しています。埼玉県全体では減少しているにも関わらず、待機児童が増加した市町村のいちばんは草加市です。平成25年4月の保育所の待機児童数について埼玉県ホームページ

  1. 草加市   76人(+56人)
  2. 川越市   112人(+18人)
  3. 戸田市   34人(+15人)
  4. ふじみ野市 14人(+14人)
  5. 狭山市   19人( +9人)

保育園を増やし隊@草加という団体が、草加市長に要望書を提出しました。それ自体は結構な事ですが、行政を動かすのは投票行為です。
政府も少子化対策などと言ってますが、他の政策により力を入れているように思えます。政府にも自治体にも過度な期待を持たずに、市民が立ち上がらなくては解決しないのではないかと思います。他の問題も含めて、市民の力を結集する時代が来たと思います。

関連記事
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。