草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でいちばん、人口当たりの議員定数が少ない市は八王子市で(政令指定都市は除く)、人口1万人当たりの議員定数は0.72人です。八王子市を抜くには、草加市議会議員の定数を17人にする必要があります。
さいたま市を除いて草加市は少ない方から5番目です。いちばんの川口市を抜くには、草加市議会議員の定数を19人にする必要があります。

草加市議会の定数
草加市議会の定数を20人に削減する請願書が「草加経営者の会」から提出されました。2010年8月30日。
定数削減を進めようとした木下草加市長に対し、市議会が不信任を可決し、定数削減は葬られました。9月2日。
草加市議会議員の定数は30人から28人に削減されましたが、他の市と比較してみました。

関連記事
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。