草加dream
埼玉県議選、草加選挙区に木下博信が立候補します。私たちにもできる事があります。それこそが、私たちにしかできない事です。A dream you dream together is reality 木下博信も「日本でいちばん大切にしたい会社」を推薦しています。木下前草加市長は草加市立病院の産科医を増員し、特区提案数は市町村で全国一番でした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草加市立病院の産婦人科は開院以来、年に600名から700名(月50名以上)の出産を扱ってきた。産婦人科は医師5人体制で行なっていたが、退職により05年3月には担当医が3人になってしまったため、当直勤務、急患への対処などを含む安全な医療を責任を持って遂行出来なくなり、やむなく休止した。
05年10月、高元院長が就任。木下草加市長と協力して、07年10月には医師五人を集め、産科を産婦人科として復活した。
産科医が集まらず「暗たんたる気持ち」(高元院長)のまま二年近い年月が流れたが、そういう状況下でも、「自治体病院は採算性だけではない」と木下草加市長は全面的にバックアップしてくれたという。
草加市立病院産婦人科を救った木下草加市長

ネクスト草加(NEXT草加)
草加アコスで第2回市民意見交流ひろばが、2014年8月30日(土)19時、開催されます。
語り手:木下 前草加市長・岩永嘉仁 元草加市教育委員。
下記の活動方針の中で、特に教育を重視しています。草加市の小中学校の教育活動が全国に誇れるようなものになるアイデアをぜひお聞かせ願いたいと思います。

活動方針
  • 草加をわくわくする元気なまちにする。
  • 教育、子育て、まちづくり、産業(商工農の三業)などについて、活性化する議論をオープンに行い、即対応。
  • 市民の声の交流会として「ひろば」を開催。
関連記事
この記事のコメント:0

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。